Linux名前付きパイプによるC – Javaプロセス間通信

C – Javaプロセス間通信をするにはJNIやソケット通信といった方法があるけれども、Linux前提なら名前付きパイプの方がリソース的によさげなので実装方法のメモ。

送信側(C)

受信側(Java)

実行用シェルスクリプト

mkfifoでパイプを作ったらそれを読み書きするだけ