2012年




Sunrise at Long ReefSunrise at Long Reef / nigelhowe

 

良くも悪くもコドモに振り回された一年だった。

  • 読書

5-8月あたりは図書館通いできていたので何冊か読むことができていたけど、積むようになってしまったので図書館通いは一旦休止。少しづつでいいから再開していきたい。アニメつながりで読んだ「銀河のワールドカップ」が意外と面白かった。

  • ゲーム

「シアトリズムFF」「ファイアーエムブレム覚醒」「世界樹の迷宮4」「とび森」「レイトンVS逆転裁判」と3DSの稼働率がかなり高かったけど、どちらかと言うとやりたいのは据え置きゲームのほう。今年だと「ゼノブレイド」「JUST DANCE」「Dead Space」なんかをやってるけど、多分一番やったのはバイオハザードのガンシューティング。WiiUも買ったけど、今のところ起動しているのはカラオケとhuluばっかりなので、ソフトラインナップを充実させて欲しいところ。

  • プログラミング

Androidでアプリを書いてみたり、Javascriptに浮気したりしてみたけど、本業の方に引っ張られてあまり手を動かすことができなかった。時間確保したいなー。でもゲームもしたい。

  • その他

移動中のコドモが結構おとなしいので、秋田までビール飲みに行ったりとか、意外と遠出できた。来年すでに北海道に行く予定を入れてるけど、他にもいろいろ出かけたいところ。

今年は体調不良を感じるところが多かったので、来年はもう少し健康にも気を使いたいところ。


enchant.jsで動くゲームを作ってみた




恒例の年末プログラミング。今年はenchant.jsを使ったゲームを書いてみた。

BUBBLE BURST

7年前に作ったゲームの移植。
enchant.jsを使うのは初めてだったのだけれども、簡単に絵が出るのでほとんど時間をかけずに作ることができた。メモリ周りがちょっと不安だけれども。

オリジナル版のソースを紛失したので、パラメータを新たに設定しなおしているのだけれども、結構挙動が違ってる。”大きい泡に対して効果が薄いので小さい泡を狙うべし。”なんかは今回実装してない。”(たまに左右、下から強襲してくる)”コレどうやって実装したんだっけ、、、

WiiU用プラグインがリリースされていたので組み込んでみたけど、うまく動いていない。一応、WiiUで操作する場合は、左スティックで移動、Yでダッシュ、Bで謎の波動。


レイトン教授VS逆転裁判




両方のシリーズも大体プレイしている身としては見逃せないコラボだったので迷うことなく購入(レイトン教授シリーズを購入してるのは嫁だけど)。ちゃんとVSしていて総合的にはよいコラボレーションだった。レイトン教授と逆転裁判の新作を1/2して混ぜたような作りなので、それぞれのボリュームとしてはちょっと物足りないところもあるけど。
ストーリーに突拍子もない設定が混ざってくるのはレイトン教授シリーズとしてはふつうのコトなので、全体的なストーリーはまあ許容範囲かな。魔女裁判という設定は良かった。いつもの逆転裁判だと矛盾=犯人という事が多いのだけれども、真犯人ではない証言者も積極的に嘘をついて被告を魔女に持っていく(しかも周りがそれを肯定している)という状況をひっくり返していく流れはよかった。群衆裁判のシステム自体も悪くない。ゆさぶる前提なのは面倒だけど。
あと、難易度が低すぎる。ボリューム不足のせいか、すごくあっさりとしていた印象。逆転裁判の場合、難しい=わけのわからん突きつけ方/即ゲームオーバー選択肢というイメージなので、あんまり難しくしろとも思わないんだけど。レイトンの場合は謎解きそのものがゲームなので、難しいのは大歓迎。

オーケストラ調になった逆転裁判の曲はすごく良かった。逆転裁判5も楽しみにしています。

レイトン教授VS逆転裁判
レイトン教授VS逆転裁判

posted with amazlet at 12.12.23
レベルファイブ (2012-11-29)
売り上げランキング: 34