ゴーストトリック

「逆転裁判」製作者による死者の記憶をめぐる一夜の物語。面白かったので、一気読みの感覚でクリアまでしてしまいました。
ゲームとしては「インクレディブルマシーン」が一番近いと思うのだけれども、ピタゴラスイッチ的なシステムを利用して”死”の運命を書き換えるのが基本的な目的。パズル的な要素が強いけど、アクションの要素もいくつかの章で顔を出してくる。ひらめきによって局面を打破したときの快感がいい感じ。
ゲーム部分もさることながら、初期西澤保彦のようなSFとミステリーの融合したストーリーはすばらしかった。最初からの伏線が解き明かされていく過程もスリリングでよい。
あと、シナリオテキスト、キャラの動きが「逆転裁判」そのもので、シリーズをやってきた自分としてはニヤリとさせられた。あんまりインパクトのあるキャラがいなかったのは残念。どちらかというと”死”の状況のほうがインパクトが強かったかな、、、

ゴースト トリック
ゴースト トリック

posted with amazlet at 10.06.20
カプコン (2010-06-19)
売り上げランキング: 17
おすすめ度の平均: 4.5

4 面白かった!・・・けど
5 幽霊的ピタゴラスイッチ推理ゲー
5 とても良作!
4 楽しいミステリー
5 簡単でおもしろい

体験版も貼り付けておこう↓

世界樹の迷宮III 星海の来訪者 その2

海都ルートでクリア。
パーティはウォーリア(ファランクス)、モンク(ゾディアック)、ファランクス(ファーマー)、プリンセス(バリスタ)、バリスタ(シノビ)の構成。サブクラスで自由度が大幅に増えた一方で、それを有効に使いこなせてない感じが強い。ボス戦はほとんど分身したバリスタの火力+モンクのダークエーテル+プリンセスの回復だけで戦っていて他2人が人柱以上には機能してなかったし。
クリアするだけなら全体的にゆるくなっていると思うのだけれども、クリア後の6層以降がこれまで以上に難しくなっている模様。一度別ルートで最初から出直そうかなー。