レジストリ




TRegistryクラスでサクサク。下はCOMポート一覧を取り出しているところ。

var
i: Integer;
reg: TRegistry;
st: TStringList;
begin
reg := TRegistry.Create;
st := TStringList.Create;
reg.RootKey := HKEY_LOCAL_MACHINE;
if(reg.OpenKey('\HARDWARE\DEVICEMAP\SERIALCOMM\', False))then
begin
reg.GetValueNames(st);
for i := 0 to st.Count - 1 do
begin
if(reg.GetDataType(st.Strings[i]) = rdString)then
COMCombo.Items.Append(reg.ReadString(st.Strings[i]));
end;
reg.CloseKey;
end;
st.Free;
reg.Free;

もういっかい玄箱 その2




日本語環境とか。まだsamba入れてないや。

  • ユーザ関係

rootパスワード変更、ユーザ追加

# passwd
# adduser

作成したユーザでログインしなおしてtmp-kunを削除

# deluser
# rm -rf /home/tmp-kun
  • Sargeにアップデート
# apt-get update
# vi /etc/apt/sources.list

:%s/woody/sarge/gでwoody->sargeに置換

# apt-get update
# apt-get dist-upgrade

色々聞かれるけどそのままEnterで。

  • 日本語環境
# aptitude install language-env canna freewnn-jserver skkserv canna-utils
# dpkg-reconfigure -plow locales

言語はja JP.EUC-JP EUC-JPで。ユーザ環境も設定しておく。

$ user-ja-conf

最後に不足パッケージが表示されるのでインストール。日本語用のソフトもいくつか入れておく。

# aptitude install ja-trans manpage-ja egg emacs21 xemacs-mule-canna-wnn jless kterm jvim-canna

あとは.bashrcにでもvi -> jvimのエイリアスを張っておく

※ターミナルをxtermモードで使用していると日本語表示できない

  • その他
# aptitude remove exim
# aptitude install wget
# aptitude install sudo
# vi /etc/sudoers

sudoersには”ユーザ名 ALL=(ALL)ALL”を追加


もういっかい玄箱 その1




壊れたHDDを交換して再びDebianインストール。以下メモ。

1. EMモードに落とす

# echo -n 'NGNG' > /dev/fl3
# reboot

※再起動後はipが変わる(DHCP?)

2. ログイン

login: root
Password: kuroadmin

3. パーティションを削除

# mfdisk -e /dev/hda

4. パーティション作成

# mfdisk -c /dev/hda

/dev/hda1 -> Linux (20G)

/dev/hda2 -> Swap(2G)

/dev/hda3 -> Linux (残り)

ざっくりとこんな感じで分けてみた。hda2はパーティションタイプ82にするのを忘れずに。

5. フォーマット

# mke2fs -j -m 0 /dev/hda1
# mkswap /dev/hda2
# mke2fs -j /dev/hda3

6. マウント

# mount -t ext3 /dev/hda1 /mnt
# mount -t ext3 /dev/hda3 /mnt2

7. 玄箱用Debianアーカイブの展開

# mkdir /mnt2/share

作成したフォルダにFTP等で玄箱うぉううぉう♪のファイルをコピーしておく。

# cd /mnt
# tar zxvf /mnt2/share/debian_2006_06_10_dist.tgz

8. ネットワーク設定

# vi /mnt/etc/network/interfaces
# vi /mnt/etc/hosts
# vi /mnt/etc/hostname
# vi /mnt/etc/hosts.allow
# vi /mnt/etc/resolv.conf

9. EMモード解除

# echo -n 'OKOK' > /dev/fl3
# reboot

再起動後のログインアカウントはtmp-kunでパスワードも同じ。rootパスワードはroot