密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午

密室殺人ゲーム王手飛車取り (講談社ノベルス) (;´∀`)・・・うわぁ・・・

チャットで事件を出し合う推理ゲーム、しかしその事件は全て出題者各人が実際に実行したものであるという話。それぞれの事件もそれほど驚きに満ちたというものでもなく、展開も読めてしまったのがどうにも。ラストも投げっぱなしだしなぁ。

頭狂人とうきょうじんというハンドルネームが印象に残ったなぁ。特にラスト。

静寂の叫び ジェフリーディーヴァー

静寂の叫び (Hayakawa novels) (・∀・)イイ!!

聾学校の生徒達を人質にとった凶悪犯に対し解放交渉を行う物語。人質解放交渉に起こる様々なアクシデントにはドキドキしながら読んでいたものの、やけにあっさりと解決。と思っていたら作者得意のどんでん返しでますます先の見えない展開に。そして想像以上に壮絶な結末。すごかった。

まだDOOM2の頃か。

世界樹の迷宮

自分でマップを書いていく3DダンジョンRPG。先週からちまちま進めてました。B1Fからサクっと罠にかかって全滅する面白い難易度の高さ。結構慎重に進めているので現在レベル45くらいでB15階に到達したところ。未到達区域を探索しているときの緊張感がたまらない。特に戦闘中いつの間にか敵のシンボルに囲まれているときとか。

B10Fまではダークハンター(剣)、パラディン、ソードマン(斧)、メディック、アルケミスト(炎)で固定だったけれども、アルケミストの火力が微妙だったので引退させてレベル1からやりなおし。今は移動用レンジャーと併用して使用中。ブシドー(上段)もダークハンターと交代しながら使っているけれども、装甲が紙すぎてイマイチ使いづらい印象。構えてる間に戦闘終わってるし。

まだカースメイカーは作れないのだけれども、作れるようになったらアルケミストの代わりとして投入してみようかな。