扉は閉ざされたまま 石持浅海

(・∀・)イイ!!

倒叙モノ。同窓会の当日、主人公は後輩を事故に見せかけて殺害し部屋を密室にする。扉は最後まで閉ざされたまま、死体も発見されることなく展開する推理合戦が面白い。そして、主人公の犯行の綻びから事件の全体像、読者にも明かされていない犯行の動機や密室を作った理由までを解決しているのだけれども、伏線の置き方が上手い印象。

まあ動機は( ゚Д゚)ポカーンな感じが否めないけど……。

双頭の悪魔 有栖川有栖

( ´_ゝ`)

四国山中の芸術家達が暮らす村に推理研の後輩を連れ戻しにいく話。その後は当然のように殺人が起こり大雨で橋が落とされて村は孤立する展開。ここでお約束と異なるのは、推理研のメンバーが分断され、孤立した村とその外側の両方で事件が発生するところ。

解決は驚いたというか( ゚Д゚)ポカーンな感じでした。

ユグドラ・ユニオン その3

意外にボリュームが多かったけどクリア。最終章のアレも撃破。最後まで焔帝は苦しめてくれました。最後のほうの焔帝に対しては、城砦地形に置いたユグドラ1人で戦ったほうが安全だった。ユグドラを強くしすぎたせいか、ジハードの条件が整う前にジェノサイド撃たれて返り討ちにあうこともあったけどorz

パッケージ裏のアーチャーを最後まで見ないまま終わってしまったのでまた最初からいってきます。

以下激しくネタばれ。

ストーリーは最初こそ国を追われた王女が王国を取り返すために戦う話だったのだけれども、後半は自称正義の国が他国を攻める話になってヘコむ展開でした。どこの米国ですか。最終章は蛇足な感じが。リィンカーネーションの人は焔帝に比べると小悪党っぽくてどうにも。しかし、また天界のゴタゴタか(・ω・ )

総合で見るとやっぱりBF17が一番難しかったなぁ。敵が弱くなるリトライを使ったのもここだけだったし。あと、相性をまったく知らずに斧で剣に挑んでボコボコにされたBF3もきつかった。戦闘において最重要である相性の説明がBF4の最初って(´Д⊂