ゼルダの伝説 スカイウォードソード




公式サイト

2011年、Wiiで発売されたモーションプラス専用ゼルダ。

良かったところ->モーションプラス操作、悪かったところ->モーションプラス操作といえるくらい、モーションプラスが全面に押し出されていた。

具体的に良かったのはまずUI。
Wiiでリモコンを使ったUIだと、たいていボタンをポインティングさせる方向になっていたけれども、本作ではリモコンを傾けただけでカーソルが移動するので快適だった。
あとはリモコンを剣に見立てて振り回すのはやっぱり楽しい。ものすごい速さの連撃を叩き込めるので、決まるととても気持ちいい。
一方で、その高速斬撃を軽々とガードされることがあり、特に単なる雑魚にガード連発されると大変イラつくことになる。
あとは思い通りに操作できないケースも少なからずあり、あるボスで盾で弾いたあとに突きをいれる必要があったのだけれども、突きが全然でないことあったのはつらかった。モーションプラスの操作ではないがヌンチャクを振ることで出る盾の操作が絡むと誤爆が多かったように思える。

WiiUを購入してから3Dゼルダを風のタクト->トワイライトプリンセスとやってきたけど、スカイウォードソードが個人的には一番面白かった。
フィールドがダンジョンの一部と思えるほど濃い作りになっており、雑魚との戦闘も基本的には面白いので、探索の楽しみが大きい。ストーリーはシンプルであるものの、登場人物たちがいずれも個性的で、世界観がとてもよかった。
特にバドとギラヒムの印象が強くて、バドは序盤の展開からは考えられないくらい活躍していたし、ギラヒムはゼルダ無双では正体をはっきりとは現していなかったので、真の姿に驚かされた。そしてギラヒムは単純に強い!序盤のボスとは思えない強さで、盾がしょぼい事もあって大苦戦させられた。最初から最後までインパクト抜群の敵だったと思う。

謎解きにはほとんど詰まらなかったが、ヒント石版の存在に気づかずに詰まったことが2回ほどあった。スカイウォードソードに限らず、どうも背景とそれ以外のオブジェクトを見分けるのが苦手なような気がする。

明日にはWiiU/Nintendo Switchでブレスオブザワイルドが出るのでこちらも楽しみ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です