午前零時のサンドリヨン 相沢沙呼

バーでマジックを披露する女子高校生を探偵役に据えた、日常の謎系の連作短編集。

登場人物たちが高校生だからこその、青春の悩みが日常の謎と結びついてうまくまとまっていた。謎についても伏線がそこら中に散りばめられていて、それらが自然と収束していくのは良かった。

一方で語り手となる 男子高校生のキャラクタについてはもやもやするところが多い。手品に関しては「魔法」ではなくトリックがあると素直に受け取らないわりに、心霊関係の話については素直に受け取ってトリックを疑っていないように見える。ミステリ好きなら幽霊のたぐいをトリックで説明する話なんていくつか読んでそうなものだが、、、そういう純朴なキャラクタかと思えば、最終話の気の利かせっぷりはまさに主人公といった活躍で、展開の都合上とはいえ、読後感がいまいちスッキリしなかった。

午前零時のサンドリヨン (創元推理文庫)
相沢 沙呼
東京創元社
売り上げランキング: 185,596

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です