Linux名前付きパイプによるC – Javaプロセス間通信




C – Javaプロセス間通信をするにはJNIやソケット通信といった方法があるけれども、Linux前提なら名前付きパイプの方がリソース的によさげなので実装方法のメモ。

送信側(C)

受信側(Java)

実行用シェルスクリプト

mkfifoでパイプを作ったらそれを読み書きするだけ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です