ゼルダの伝説 風のタクト HD

公式サイト
発売日直後に買ってちまちま進めていたのだけれどもようやくクリア。

以下ネタバレあり。

3Dのゼルダに関しては、

時のオカリナ -> 時のオカリナの時は、貰い物でそもそもあまりやる気がなかったため、大人にあったあたりでリタイア
風のタクト(GC版) -> 値崩れ後に手を出してみたものの、とにかく船での移動(=>風向き変更)が面倒で森の島のダンジョンあたりでリタイア

と、どうにも合わない感じだったのだけれども、今回ようやくクリアまで進めることができた。
リメイク版ということで、面倒さがなくなっているかと思いきや、全然変わっていなかった(後半は簡略化されているらしい)。そのため今回も森の島をクリアしたあたりで一度ギブアップしてます。

しばらく経った後、どこがリメイクされているのかを調べてみたところ、”快速の帆”なるアイテムがあることを知り、なんとかプレイ継続。”快速の帆”に切り替えると、船の向いている方向に追い風が吹くという便利すぎるアイテムで海上でのタクト操作がほぼ不要となる。Miiverseにも書いたが、”快速の帆”は序盤で必ず手に入る用にして欲しかった。あるとないとではプレイの快適さそのものがぜんぜん違うので、、、
あと、帆をたたんだ状態ならZRで自由に船を進ませることができるということも、もっとはっきりと教えてほしかった。説明書を読まないのが悪いのですが、序盤から微調整のたびにタクトを振るとかやってると、それだけでやる気がなくなっていくのです。

とまあ、海上操作に関しては不満タラタラであるものの、ダンジョン探索については期待した以上に楽しかった。パズルのような仕掛けを見切って先に進むことができた時の気持ちよさは相変わらずだし、アイテムを組み合わせて戦う戦闘は慣れてくるとさくさく敵を倒すことができて爽快感が強い。ただ、ジャンプの挙動が安定しないのでジャンプを組み込んだ仕掛けは勘弁して下さい。

印象に残っているのは武器なしで潜入することになる最初の魔獣島。後半のアクションが増えてきた後のダンジョンも楽しいのだけれども、限られたアクションを駆使して進むことになる魔獣島は新鮮な面白さがあった。

時のオカリナも改めてプレイしてみたいけど、リメイク版は3DSなんだよね、、、できれば据え置きでプレイしたかったのだけれども。先にトワイライトプリンセスやスカイウォードソードをプレイしてみるべきか。

 

ゼルダの伝説 風のタクト HD
任天堂 (2013-09-26)
売り上げランキング: 923

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です