赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE 森博嗣

作者による作品紹介

「女王の百年密室」、「迷宮百年の睡魔」に続くM&Rシリーズ第三作。世界観は共通となっているが、前作とのつながりはおぼろげに見える程度。シリーズについてうろ覚え状態でも問題なかったが、読んでいてわけのわからない記述が多く、これが初めての森作品だとついていけないかもしれない。

読み終わっても一番大きい感想としては「わけがわからない」。わけのわからなさを説明するのも難しいが、例えばある章で”私”として描かれていた人物が、突然別の身体に意識を移しても”私”として描かれるといったようなことが頻繁に書かれていて、読者としては混乱する展開が続く。その一方で、読み解くためのヒントも幾つか描かれており、これまでにも森博嗣の別作品で書かれてきた意識、思考と肉体の切り離しが実現した世界を描いていることはなんとなくわかる。そういう点では間違いなくM&Rシリーズの続編なのだけれども、いったい何年後のことなのだろう。

ここまでネガティブなことばかり書いているが、一気に最後まで読み切ってしまうくらいには面白かった。先がまったく見えない展開や、わけがわからないことが(ほんの少し)わかった気になるような記述が散りばめられていて、どんどんページをめくっていってしまった。ただやっぱり一番大きい感想は「わけがわからない」なのだけれども。

赤目姫の潮解 LADY SCARLET EYES AND HER DELIQUESCENCE
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 28,780

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です