タッチパネル操作方法の名前




“タップ”, “フリック”など、タッチパネル操作のための用語について、仕様を書くのに必要なのでまとめてみた。

タッチ
タッチパネルに触れる操作
タップ
タッチパネルを指で軽く叩く操作 (=PCのクリック)
ダブルタップ
タッチパネルを2回叩く操作 (=PCのダブルクリック)
ドラッグ
タッチパネルを押したまま指をずらす操作 (=PCのドラッグ)
フリック
タッチパネルを指で軽くはらう操作
ピンチ
2本指でのつまむ操作の総称
ピンチアウト/ピンチオープン
タッチパネルを2本指で押したまま、その間を広げて拡大する時の操作
ピンチイン/ピンチクローズ
タッチパネルを2本指で押したまま、その間を縮めて縮小する時の操作
スワイプ
タッチパネルに触れた状態で指を滑らせる操作
タッチアンドホールド/ロングタップ/長押し
タッチパネルを押したままにする操作

調べていくと、よくフリックとスワイプの違いが話題になっているけれど、スワイプはむしろドラッグと同じ類の操作に感じられる。自分なりに解釈したそれぞれの違い:
-フリック
すばやく指を動かす操作
-スワイプ
(フリックと比較して)ゆっくり指を滑らせる操作
-ドラッグ
タッチパネルの操作自体はスワイプと同じ。アイコン等をドラッグ&ドロップ(掴んで放す)操作の場合はこちらの方を使用する感じ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です