ドンキーコング リターンズ

 SFC版を友達の家でやった程度であまり思い入れはないのだけれども、嫁はシリーズ全作クリアしていたらしい。意外。

 Newマリオ、毛糸のカービィと続いてきた我が家の2人で遊ぶ任天堂製アクション最新作で、難易度でいうとドンキーが最も難しい。難しくて、残機もポンポン減っていくけど、増やすのもそれほど難しくないし、失敗したところがわかりやすいので、すぐにもう一回やりたくなる良いゲーム。NewマリオWiiのようにお手本プレイがついているのだけれども、今回1-K(隠しステージ)で、先を見るために初めてお世話になりました。マリオのときは1回も使わなかったのに……。

 2人同時プレイはできるけれども、マリオ、カービィとプレイ感覚は大きく異なる。特に、それぞれに当たり判定がないので、狭い場所でも場所の取り合いにはならない。ただし、2人プレイの恩恵を受けられる場面は少ない。まず、トロッコや樽ジェット面などは、2人で1つを操作することになるので、2人同時プレイの意味がない(しかし、やられると2人がやられることになるので残機が2つ減る)。足場がすぐ崩れるところなどは、滞空時間に余裕のある2Pディディーとリズムが異なって、お互いに落下、なんてことがよくある。そういう面は結局1人プレイに変更することもあったり。
 不満はあまりないけど、残機と交換できるコインは100枚以上持てるのに、残機は99までなのは地味に改善してほしいところ。2人合わせると1面で30機費やすこともあるので><

 まだ各ステージのKONGパネルもジグソーパズルもそろっていないので、しばらく楽しめそう。ただ、マリオもそうだったけど、難易度が上がってくると2人でプレーするのがきつくなるので、1人プレーがメインになりそうって不安があるけど。

ドンキーコング リターンズ
任天堂 (2010-12-09)
売り上げランキング: 569

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です