インセプション




人の夢に入り込むことでアイディアを“盗み取る”特殊な企業スパイである主人公コブ(デカプ)にアイディアを“植えつける”(インセプション)依頼が日本のサイトー(ケン・ワタナベ)から持ちかけられる……

話題のインセプションをいまさら見てきたけど、評判に違わず面白かった。終了後は?マークなところも結構あって、嫁と色々話したりしたけど、そういうトークができること自体が良い作品といえるかもしれない。

以下ネタバレあります。

字幕版で見たはずがいきなり日本語で始まってちょっと混乱したり。日本での撮影も行われていたようで。海外映画で新幹線のシーンがあるとは思わなかったよ。

映画の序盤で夢の中に入るときのルール説明が行われているけど、夢の中の夢というオチに持ってきそうな要素を真っ先に採用しているところにまず驚かされた。そして、夢の中では時間の進み方が一つ前の階層と比べて20倍遅くなるというルールが中盤以降存分に活用されていて非常に良いギミックとなっていた。設定として面白いものを、さらによく仕上げたと思う。

インセプションを実際に仕掛けていく段階で不測の事態が発生するのは映画の常ではあるけれども、いきなりの列車突撃はインパクト大で、そこから最後まで息つく暇のない展開がたまらなく良かった。
ただ、各所で言われているけど雪山のシーンは微妙。その前のホテルでの無重力バトルがとても面白かったのに、雪山のほうは長いけど非常に地味。雪山の要塞に潜入ということでMGSかと思ったし。

問題のラスト、自分はコマが回り続けていたので夢の中のままだと思っていたのだけれども、やっぱり解釈にはいろいろあるようで。
他にも疑問点が結構あったのだけれどもFAQの解説で大体納得できたかな。

しかし、シャッターアイランド以来のデカプですが、引き続いて奥さんと幸せになれないですな、、、



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です