異邦の騎士 島田荘司

失われた過去の記憶が浮かびあがり男は戦慄する。自分は本当に愛する妻子を殺したのか。やっと手にした幸せな生活にしのび寄る新たな魔の手。名探偵御手洗潔の最初の事件を描いた傑作ミステリ『異邦の騎士』に著者が精魂こめて全面加筆修整した改訂完全版。

ネタバレ含
記憶を失った男を主人公に御手洗潔の最初の事件が書かれている。ゲームなどでもそうだけど、記憶を失っている主人公だと、読者は主人公と同じ目線で事件を体験できて、感情移入しやすい。そのため、後半の展開には非常に驚かされた。非常に驚かされたんだけど、、、よくこんなこと考えてまで、、、みたいな気持ちになってしまったので、どうにもといった感じ。トリック自体はすばらしいんだけど、お話としては納得いかない気持ちが残っているかな。

異邦の騎士 改訂完全版
異邦の騎士 改訂完全版

posted with amazlet at 10.03.07
島田 荘司
講談社
売り上げランキング: 40559
おすすめ度の平均: 4.5

4 御手洗潔ZERO
3 前半、中盤、後半で作風がすごい変わります。
5 「夏への扉」に匹敵?
5 ミステリーとしてではなく読みたい
5 まるでそこにあったように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です