秋季限定栗きんとん事件 米澤穂信

秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)秋期限定栗きんとん事件 下 (創元推理文庫 M よ 1-6)
前巻のラストで道をたがえることになった小鳩君と小佐内さん。その後の2人のお話。上下巻で連続放火事件を追っていくことになるのだけれども、連続放火事件において主役となるのは2人ではなく、小佐内さんの彼氏となった新聞部の生徒。その間2人は何をしているかというと、小鳩君は今までとあまり変わらず日常の謎解きで、小佐内さんは放火事件の裏で暗躍しているみたい。といったところで上巻が終わり、解決編となる下巻に続いているが、、、

事件の犯人自体はだいたい予想できるもので、そこに驚きは少ないが、最終章の、それまでほぼ主役を喰うほどの立場だった彼がほとんど全否定されている部分は暗すぎてステキだった。流石にあと1冊は出して完結だと思われるので、その後の小鳩君と小佐内さんがどうなったのかが、今から楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です