夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

「黒髪の乙女」と「先輩」の織り成す恋愛でコメディでファンタジーなお話。開始早々「おともだちパンチ」の解説から、不思議な文体と面白い性格が伝わってきて早々にやられてしまった。登場人物ひとりひとりがとても魅力的で、特に「黒髪の乙女」のおさけ観や「先輩」の脳内会議がたまらなく面白かった。
解説がわりに載っている羽海野チカのイラストが合ってるなぁ。鯉のぬいぐるみをポカポカやってるところとか。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
森見 登美彦
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 142
おすすめ度の平均: 4.5

5 オモチロイ
4 コミカルで少し不思議,そして甘酸っぱい恋物語
5 文体に特徴有り
4 夜は短し歩けよ乙女
5 くすりと笑える文学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です