流星の絆 東野圭吾




流星の絆

流星の絆

両親を殺された3兄弟が、14年後に偶然見つけたその犯人に復讐する話。

現在ドラマ放送中の作品だけれども、あまりにも宮藤官九郎テイストが強いものになっているので、先に原作を読んでみる事にした。最初は「白夜行」みたいなサスペンス色の強い、人間関係を描いた話かな、と思っていたけど、予想に反してミステリとして仕上げられてたので驚かされた。

ドラマのほうも、どう続いていくのか楽しみ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です