狐火の家 貴志祐介

狐火の家

狐火の家

「硝子のハンマー」の続編となる短編集で、中の4編すべて密室もの。なのだけれども、全体的に密室ものとしては結構ひどいと思う。密室専門弁護士と防犯探偵のコミカルなやりとりについていけないと厳しい。まあ4編の中では渡辺竜王とボナンザの対局を背景としたと思われる「盤端の迷宮」は好き。チェスと将棋の歴史から事件につながる流れが面白かった。

他は、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です