彼女はたぶん魔法を使う 樋口有介




彼女はたぶん魔法を使う (創元推理文庫)

彼女はたぶん魔法を使う (創元推理文庫)

柚木草平シリーズ一作目。元刑事で私立探偵として働く主人公が、ひき逃げ事件を調査する話。事件のほうは、とりたてトリックが~というものではないが、構造的にはまあまあ楽しめた。どちらかというと、周りの女に翻弄されながら調査を進めていく主人公の姿が面白い。ラスト、続きが読みたくなってしまう終わり方でちょっとズルいけど。

1990年の作品だけれども、あまり古臭さは感じなかったな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です