図書館革命 有川浩




図書館革命

図書館革命

「図書館戦争」から始まるシリーズの4作目にして最終巻。1冊でひとつの事件を扱っていて、今までの話に比べるとかなりのボリューム感があった。ただ、3章ぐらいが一番盛り上がって、クライマックスはあんまり盛り上がらなかった感じだったけど上手くソフトランディングしたかな。

シリーズ全体で見ても結構面白かった。現実にも表現することについては色々あるけど、問題をそれほどキツくなく取り上げられていたのは良かったかと。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です