黒い家 貴志 祐介

黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)

保険会社に勤める主人公がある顧客の家に呼び出され、その息子の首吊り死体を発見する話。あらすじを見る限りだと、どうホラーに発展していくのかわからなかったが、紛れもない正統派ホラーだった。徐々に侵食されていく日常から、現れた恐怖、そして……。という流れが見事。怖かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です