厭魅の如き憑くもの 三津田 信三




厭魅の如き憑くもの (ミステリー・リーグ) (;´∀`)

時代は昭和、山奥の村で起こった”カカシ様”にまつわる連続怪死事件の話。雰囲気だけはこわそうなんだけど、ミステリだとわかっている時点で怖さが半減してしまうのがどうにも。ちなみにミステリとしてはかなり微妙に感じた。前半はきっちり雰囲気を作ってるのに、後半あまりにもポンポン人が死んでいくせいでバカミスかと思ってしまった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です