十月は二人三脚の消去法推理 私立霧舎学園ミステリ白書 霧舎巧

十月は二人三脚の消去法推理 私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)

4月から始まっているのでこれで7作目。完全に惰性で読んでます。以前の内容をあまり覚えてないので、「九月~」の話が出てきてもさっぱりわからなかったり。

今月は体育祭で放火。事件自体は相変わらず(犯人が)何をやりたかったのかわからん感じ。ドロドロとした動機をちらっとだけ見せられたものの、軽くスルーされていたなぁ( ・ω・)

消去法推理はおまけでした。かといって何がメインなのかもよくわからんけど。

以下ネタバレもあるよ。

近視用メガネのレンズは普通凸レンズではないのだけれども、このレンズをつかって物を燃やせるのかがすごく気になった。どっかに資料ないかな。

あとは最後。さわやかに締めてるけど人殺しが混ざってますよ?全員アノ人が殺人者ってこと知ってるんだっけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です