12番目のカード ジェフリー ディーヴァー

12番目のカード (・∀・)イイ!!

「魔術師」に続く、”リンカーン・ライム”シリーズ6作目。前作のようなどんでん返しに次ぐどんでん返しといった展開ではないものの、わずかな証拠品から犯人に行き着く流れは素晴らしい。後は、犯人がひたすら合理的かつ冷酷で、読んでて恐怖を覚えた。こういう感覚は久しぶりだなぁ。事件の背景(公民権運動)についてはあんまり興味を持てないテーマでした。よくわかりません。

シリーズ7作目”The Cold Moon”も既に刊行されているようで。次も楽しみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です