天涯の砦 小川一水




天涯の砦 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) (・∀・)イイ!!

大事故で大半が崩壊した軌道ステーションを舞台に生き残った人達が織り成す群像劇。作者は相変わらずそれぞれの思惑を描くのが上手いと思う。

宇宙モノを読むたびに宇宙空間そのものの過酷さを感じるなぁ。ただ、それを乗り越えていこうとする人たちも(最後にちょびっと)登場していた。科学がSFを追い抜くなんてのもあるみたいだけど、いつかこれも実現するのかな。

こういう話の類型でセプテントリオンが真っ先に思い浮かんでしまった。他にも色々あったと思うのだけれども。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です