模倣の殺意 中町信

模倣の殺意 (創元推理文庫) ( ´_ゝ`)

作家自殺の謎を追う2人の物語。2人の視点から全く異なる事件が浮かび上がり、それが交わるラストが見所。同様のトリックはいくつか知っていたので、トリック云々よりもエピローグの昭和48年にびっくりした。もともと1971年の作品だったようで。たしかに年代的にはすごい作品だったんだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です