異邦人―fusion 西澤保彦

異邦人―fusion ( ´_ゝ`)

2000年から1977年にタイムスリップした「わたし」が、4日後に何者かに殺されるはずの父を救うために何とかする話。誰が殺したのかというのがバレバレだったので、どう進んでいくのか楽しみだったんだけれども、いまいちだったかな。タイムスリップにあたっての細かいルールが設定されているのは相変わらずだけれども、面白さにはほとんど役立っていなかったなぁ。

テーマについては適当なことしか言えないのでパス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です