Zの悲劇 エラリイ・クイーン




ISBN:415070144X ( ´_ゝ`)

ドルリー・レーンシリーズ3作目。時間が飛んで「Xの悲劇」「Yの悲劇」から10年後の話。これまでに登場してきた警視の娘を語り手に上院議員殺人事件を追う話。最有力容疑者が有罪になるか無罪になるかというところが焦点になっててあんまり面白くなかった感じ。ラスト「論理」だけで犯人を導いたものの物理的な証拠が無く、犯人を罠にかけるという展開(罠ってものでもないけど)は古畑任三郎を思い出した。

Zの理由はさらに強引に。別にシリーズにしなくてもなぁ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です