殺意は必ず三度ある 東川篤哉




殺意は必ず三度ある (ジョイ・ノベルス) (・∀・)イイ!!

前々から野球ネタの多かった東川篤哉が放つ野球ミステリ。高校で起きたベース盗難事件から始まった連続殺人事件に「学ばない探偵たちの学園」の3馬鹿あるいは馬鹿トリオが挑む話。主人公達の掛け合いや扱い面白かった。トリックはやや力技という感じがしたけれども、解決編のインパクトがすごい。

タイトルは秀逸。確かに毎回3人殺されてますな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です