消えた山高帽子 チャールズ・ワーグマンの事件簿 翔田寛




消えた山高帽子 チャールズ・ワーグマンの事件簿 (ミステリ・フロンティア) (・∀・)イイ!!

明治初期の横浜、外国人居留地を舞台にチャールズ・ワーグマンが様々な事件を解決する短編集。チャールズ・ワーグマンはジャパン・パンチを発行した実在の人物。彼を通じて描かれる当時の横浜の様子、日本の様子が面白い。事件はどれも比較的あっさりしているけれども、どの話も雰囲気がステキだった。

「ジェントルマン・ハラキリ事件」のオチのジョークがあまりに笑えないのが印象的。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です