麻雀放浪記(四) 番外編 阿佐田哲也

黒手袋の男、李億春とドサ健の対決を中心に描いた第4巻。「私」坊や哲は勤め人として生活を始め、麻雀ではたいした活躍もできなくなっているものの、それでも麻雀を打ち続けてしまうところが上手く描かれている。新しく出てきた登場人物たちも、それぞれ個性が光っていて魅力的なところはすごい。

前巻のラストといい、締めが綺麗だなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です