麻雀放浪記(三) 激闘編 阿佐田哲也

関西から戻り、終戦直後に比べてずいぶんと様変わりした新宿で博打を続けていく第3巻。魅力的な登場人物たちは相変わらず。博打の姿も変わり、博打で生きていくのが難しくなったものの、それでも博打を続けていく姿が面白い。

つくづく悪漢小説だったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です