麻雀放浪記(二) 風雲編 阿佐田哲也

前巻に比べてバイオレンス分が大幅にアップした感じの麻雀小説第2巻。いきなり冒頭で主人公がヤク中になっているのには驚いた。まあ西に移動していくうちに元に戻っていくのだけれども、ダメなところも含めてきっちり描いているのが面白い。

しかし相変わらず何でもありですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です