霧越邸殺人事件 綾辻行人




(・∀・)イイ!!

吹雪の山荘で起こる連続殺人事件。最初の事件こそわかりやすかったものの、次々と事件が起こるうちに、見立ての意味がさっぱりわからなくなってきたり、伏線らしきものの意味もわからなくなってくるのにはまいった。それが最終的にはしっかりと解決に結びついているのは凄い。ただ名前については余りにもご都合主義作者が狙った感が強すぎてダメだったなぁ。

屋敷が動くとか言い出す人がいたり、手も触れていないのに動く灰皿があったりしたので、いつ物理的に動きだすのか身構えてしまってたのに、結局館の魔力で片付けられたのには( ゚Д゚)ポカーン



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です