やみなべの陰謀 田中哲弥




(・∀・)イイ!?

千両箱でつながった過去から未来までの物語。「千両箱とアロハシャツ」「ラプソディー・イン・ブルー」の前半2編は現代を舞台にした物語。文体のクセがショートショートっぽさを感じたのだけれども、「朝ごはんが食べたい」という作品が星新一「ショートショートの広場2」に収録されているようで。「秘剣神隠し」は江戸時代、秘剣を教えてもらうために小判を一枚くすねる話。「マイ・ブルー・ヘブン」では大阪府知事による独裁政権が誕生した近未来を描いている。こっちの2つは最初こそ設定のばかばかしさを面白がっていられるものの、展開が重苦しくなっていき、ラストは……orz。しかし、最終話「千両は続くよどこまでも」でこれまですべての話がつながり、さわやかな結末につながっているのが良かった。

「大久保町」の人なのな。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です