死体を買う男 歌野晶午




( ´_ゝ`)

江戸川乱歩の最後の作品を背景に作家の謎を追う話。作中作は萩原朔太郎と江戸川乱歩のコンビが事件の謎を解いていくのだけれども、両人についてそれほど詳しく知っているわけではないのであまり面白さを感じず。また、ネタは作家豹変+アナグラムで大体解ってしまった。まあ、さらに一捻りはあったものの、とりたてて驚きにつながらず。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です