夏と冬の奏鳴曲 麻耶雄嵩

(;´∀`)

20年前に死んだ少女のために集まった孤島で起こる殺人事件。前半はややのんびりなものの、それを活かして後半は怒涛の展開が続く。結末がややはぐらかし気味なのは良かったかなぁと。ただ密室トリックはMMRのような解決で( ゚Д゚)ポカーンでしたが。

以下ネタバレ。

うゆーの半生と20年前の映画の内容が一致しているのは、同じような交通事故をした人間を和音が選んだからなんだろうけど。とーりとの出会いは作ったんだろうなぁ。

ただ、2人のとーりがわけわからん。うゆーは基本的に片方だけとしか会ってなかったのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です