文庫版 鉄鼠の檻 京極夏彦




(・∀・)イイ!?

京極堂シリーズ4作目。今回はいつもの顔ぶれが箱根に集合。世間に知られることなく存在していた寺で起こる事件を追う物語。……なんというか、すごい展開。最初こそゆっくりとした展開であったものの、後半は衝撃の展開の連続でラストまで一気に読めた。

次は蜘蛛か。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です