パラレルワールド・ラブストーリー 東野圭吾




(・∀・)イイ!!

バーチャルリアリティの研究を行っている主人公は不意に現実とは違う記憶を思い出す。現在の恋人は親友とつきあっていたはずなのだが、その記憶がはっきりせず、いつのまにか親友も行方不明になっている。その消えた記憶と親友の謎を追っていく話。

バーチャルリアリティ、記憶といった要素を背景として使いながらも、基本的にはドロドロの三角関係な話。主人公の記憶がはっきりしていくにつれて、さらに謎が深まる展開は流石。

そういえば「容疑者Xの献身」が直木賞だそうで。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です