剣客商売十四 暗殺者 池波正太郎




息子大治郎の暗殺計画を偶然知った小兵衛がそれを防ぐために動く長編。友人の死のショックか急に親馬鹿モードの秋山小兵衛が可愛い。実際に狙われている大治郎のほうは冷静に対処法を探っていて対比がおもしろい。これまでの剣客商売の話の中でもかなりいい作品だった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です