剣客商売十三 波紋 池波正太郎




夏の話を中心とした5編。小兵衛ほどの達人でも暑さはだめなようで。一方、寒さのほうはこたつ頼りというのが人間味をうかがわせて素敵(*´Д`)

表題作「波紋」が面白かった。弓なりの音で矢を回避する大治郎。裸一貫で襲撃を待ち受ける大治郎とようやく一人前として大治郎の強さが描かれた話。まあ小兵衛も助けに入ってるんだけど。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です