剣客商売十 春の嵐 池波正太郎




初の長編。秋山大治郎の名を語って辻斬りを続ける頭巾の侍に対し、秋山親子がこれまで築いてきた人脈を総動員して追っていく話。60を越えようというのに相変わらず秋山小兵衛がえらい強い。田沼意次と松平定信の対立を背景に複雑に入り組んだ事件を断ち切る小兵衛の活躍が面白い。息子の方はずっと謹慎中だったけど(;´∀`)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です