剣客商売九 待ち伏せ 池波正太郎

大治郎がやたら襲われる印象のある9巻。これまでさまざまな事件を解決してきた小兵衛の失敗の話である「冬木立」がよかった。メインのストーリーだけでなく、若い娘に対して小兵衛の当て落し3連発。

「生かすも殺すも、自由自在じゃ」

素敵すぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です