剣客商売八 狂乱 池波正太郎

相変わらずの冴え渡りを見せる6篇収録の第8巻。たいした腕を持たない男が狐に助けられるという不思議な話「狐雨」はかなり意外な展開。なんでもありですね。6篇の中では表紙で描かれた小兵衛キックが炸裂する「毒婦」が一番面白かったかな。表紙見たときは何事かと思ったよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です