pasml

今流行のAjaxに手を出す前フリではないです。JavaScriptでPascal→HTML変換。

http://hp.vector.co.jp/authors/VA013135/pasml.htm

var
a, b, c: TVector2D;
begin
a := TVector2D.Create(5, 10);
b := TVector2D.Create(2, 2);
c := a + b;
Writeln(Format('x = %d, y = %d', [c.x, c.y]));
c := a * 10;
{ c := 10 * a; // だめ }
Writeln(Format('x = %d, y = %d', [c.x, c.y]));
Readln;
end.

↑こんな感じに変換されます。中身はHTMLのソース見てもらえれば。

色々気になったこと。

  • ローカルstatic変数はthis.xxxで実現できる
  • ループ変数の前にvar付けるの忘れたらグローバル変数になってて参った
  • Arrayに関数オブジェクトを入れても関数扱いできないみたい

とにかくデバッグがしんどかった。まだ色々バグが残っているかもしれませんorz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です