Round関数




Round 関数は実数型の値を丸めてもっとも近い整数値を返します。もし X が 2 つの整数の中間にある場合には,結果は常に丸められます。この方法は「Banker’s Rounding」と呼ばれます。

要は.5の数に対して結果の1の位が偶数になるように切り上げ/切り捨てが行われるらしい(1.5→2, 2.5→2)。

四捨五入するなら正数の場合+0.5して切り捨てておけばいいと。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です