剣客商売七 隠れ蓑 池波正太郎

「春愁」「梅雨の柚の花」など、春から夏までの7編。小兵衛はいつの間にか1500両もの大金を預かっていて、「徳どん、逃げろ」では盗賊から狙われるほどに。今巻では「決闘・高田の馬場」がお気に入り。決闘を止めるために乞食の格好で殿様から家老までその場の全員を叩き伏せるってところが面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です