毒入りチョコレート事件 アントニイ・バークリー




(・∀・)イイ!!

議論型推理小説の元祖(なのか?)。送られてきたチョコレートで起こった毒殺事件に対して「犯罪研究会」の6人がそれぞれ推理を発表して真相に迫っていく話。最初に推理を発表した刑事弁護士がくどくて、さらに続いた劇作家の推理も証拠が欠けた妄想で面白くなかったものの、3人目から面白くなってきた。そして収束も見事。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です