記憶の果て 浦賀和宏

( ゜Д゜)y-~~

親父が自殺して、部屋のコンピュータを起動すると自分と同じ苗字を持つ人工知能が話しかけてきたという話。全体的に中途半端でどうにも面白くなかった。主人公自体は好きなんだけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です